漬物まるわかり【レシピ・種類・乳酸菌】

美味しい漬物を食べましょう。

*

漬物の種類まとめ

漬物の種類
日本の食卓に欠かせないもの。
漬物」

長い歴史の中で、日本各地の特色溢れる漬物が生み出され食べられてきました。
ここでは、そんな漬物の種類についてまとめました。

各漬物に関しては、それぞれ詳細な情報もご用意致しましたのでご覧ください。

漬物の種類

日本各地の漬物

郷土の味、伝統の味。古くからその土地で育まれてきた漬物はまさに歴史そのものです。

北海道:松前漬

北海道の海産物であるスルメ、昆布を細切りにして入れるのが基本の形。現代はカズノコを入れて贅沢な一品のものも増えています。野菜は人参の細切りが良く合います。醤油ベースのタレで漬けこまれます。

秋田県:いぶり沢庵

「いぶり」とは燻製のこと。よって沢庵の燻製ということになります。秋田県は冬に大根を外に干しても寒く凍ってしまい、暖かい時期は、干している時に葉に栄養をとられ肝心の根が空洞になってしまうので、囲炉裏の上に大根を吊り下げて乾燥させた為に煙で燻製になったそうです。その後ぬか漬けにします。

山形県:なすのからし漬け

薄皮丸なすを数年漬け込み塩漬けにします。そこへからしを絡めで完成します。浅漬けにしてからしを絡める方法もあるそうです。

山形県:菊花漬

山形近隣では菊を食用としてきました。花の芯に近い部分は苦味が強いため花びらの部分をむしって塩漬けにします。菊の花びらの他にキュウリなどの野菜も一緒に漬けることもあります。

栃木県:たまり漬

「たまり」とは味噌や醤油を熟成させる際に表面にできる上澄みの部分。このたまりを使い野菜を漬けたものがたまり漬けとなります。主にらっきょう、ニンニク、しょうが、きゅうりで作られることが多いようです。

千葉県:鉄砲漬け(てっぽう漬)

上質な白瓜の中身をくり抜き、その中へシソで巻いた唐辛子を入れて味噌や醤油で漬けたものです。くりぬかれた白瓜を鉄砲の「筒」、青トウガラシを「弾丸」に見立て、鉄砲漬といいます。
鉄砲漬け(てっぽう漬け)について
毎年売切れ!国産ウリのてっぽう漬け販売

千葉県:らっきょうの甘酢漬

古くかららっきょうの産地であった故の漬物。大ぶりのらっきょうを塩漬けし、その後塩抜きした後に甘酢で漬けます。カリカリとした食感で食べやすく、家庭でも常備されている漬物です。

東京都:べったら漬

べったら漬は、麹でべたべたしていることからその名がついたといわれています。出初めの大根を浅漬けしたもの。まず塩で下漬けし、その後陰干し、塩、麹、砂糖などで本漬けとなります。

東京都:福神漬

明治時代、野菜を塩や麹で漬けるのが主流だったなか、醤油を用いた漬物は画期的なアイデアでした。大根、なす、なた豆、レンコン、白瓜、しそ、カブの7種の野菜が使われていること、また店が不忍池の弁財天の近くにあったことから、七福神にちなみ「福神漬」と命名されたそうです。